quick-silver
日常や漫画・創作話を語ってます。頑張るという言葉が心底嫌いになった。
詐欺に遭いかけました
大罪感想、どうも私はエリーが好きになれない・・・・。人の心配するのもいいけどアンタは言われた事をやれよ!あそこは同じ突っ込みしたよ。いやぁ、なんだろうな・・・・普通の(恋する)女の子なら多分普通の行動言動なんだろうな・・・・。でもね、自分で試練受けるって言っといて、試練よりも隣の(好きな)人に気を逸らして、自分は何もやってないのに「誰も責めたりしません」とか変な慰め入れたり、挙句「約束してくださったじゃありませんか!」って、お前何なの?お前はとりあえず言われたことを早くやれ。自分の事を放置して好きな人を助けたいなんて、それは果てしなく自己満足。
なんか、エリー見てると我侭で付いてってるようにしか見えないんだよね・・・・。「好きな人の傍にいたい」「好きな人の役に立ちたい」。傍から見れば、意識的に力を発動させることができない、ただのお嬢さん。お前がいても何の役にも立たないからとっとと家に帰れって言いたくなる。
しかし、リズ無駄にでかくないか?どこがとは言わんが。


とりあえず、追記で大真面目な話をするんで、冒頭に書きました。うーんヒロインって基本的に好きになるんだけど、エリーだけはどうにも無理・・・・・・・・。
はい、では追記。詐欺に遭いかけました。

マジですよ、嘘じゃないですよ。
とりあえず、自分への戒めの為とこれを読んで(どのくらいいるか分かんないけど)被害防止になればなと。

――――――――

携帯にショートメッセージが入ってきて、その内容が「未納料金があって法的処置に移行します」みたいな内容。
未納料金?そんなのあったっけ?とか思いながらとりあえず書かれてる電話番号に連絡。そしたら相手が『有料サービス代とか諸々込みで29万8千円未納です、払いますか?払わなかったらこのまま裁判になりますが』と。
いや身に覚えないですけど、と言ったら「私どもを疑うんですか?こうして連絡をしているのですから間違いないです」とか言ってきた。
ちなみにその有料サービスサイト名はスイート(sweet)。ちょろっとパソコンで検索したけど出てこない。ホントにあるのかこんなサイト?とか思いながら、薬切れてたこともあって、じゃあ振り込まなきゃいけないのかなとか思ってしまった。もうここでアウトです。
風呂上りだったから髪も乾いてなくて、すっぴんだったけど、ローソンで払わなきゃいけないとか言われてしぶしぶ最寄り(といっても20分位かかった)のローソンへ。ATMで30万降ろして、ビットキャッシュで10万円分の金券(多分違うけど他にどう書いていいのか分からない)を3回購入。支払い時に詐欺じゃないかっていう注意喚起のメッセージが目に入って、「あれ?」と思った。で、店を出た後相手が「領収書に書いてあるひらがなIDを教えてください」って言ってきて、「これ詐欺だ・・・・!」と気づいた。後の祭りです。
これどうやったらお金を相手に受け取らせないようにできるかな、とか思いながら電話で適当な返事をしてたら、向こうが言い間違えてきて、「これだ!」と。「私が嘘のIDを教えれば相手には絶対お金が渡らない」と思って、そこからひたすら嘘のIDを言い続けました。全部を代えるのは面倒だったから1文字だけ代えて。すると相手が「照会できないんですけど」と言ってくる。

で し ょ う ね 。それ間違ってますからね、照会できるわけがない。

だけど私は「書かれているIDをちゃんと間違いなく読み上げています」と言い張った。確認の方法が「兎のう」とか「車のく」とか、言葉をつけて言ってください、とか言うもんだから、そっちの方に困った。眠い頭でなんでしりとりみたいな事しなきゃいかんのだ。正しくても嘘でも言葉の方が出てこなかった。相手も焦れてきたのか「このままだと裁判になりますけど」と脅してきたけど、それでも「でも私は書かれているひらがなをちゃんと読み上げています!」と言い続けた。嘘だと分かったら強気になるのはいいけど、もうちょっとそれを早いうちから披露しよう、自分。金振り込んだ後からじゃ遅いんだよ!!ちなみに、相手に過眠症のことを言いました、そしたら「目を覚ましてください」とか「顔を洗ってください」とか言ってくる。だから私は「本当に申し訳ないと思いますが眠気に関しては私自身どうすることも出来ません私だってどうにかしたいんですよだけど自分の意志では無理なんです」と言ったら「分かりました分かりました、ではまた最初からIDを・・・・」って言ってきた。若干呆れてる感じだったよ。終わった今だから思うけど、この時家に帰るんじゃなくてそのまま警察署に行けばよかった・・・・。本当に自分が馬鹿だわ。で、「暫くお待ちください」とか言って、会話が終わったから、この隙にと思って自転車で帰りました。その日珍しくめっちゃ寒くて、体の芯から冷え切ってしまって、食事の時間も過ぎてこのまま寝るしかないかと、その日の食事は諦めました。で、帰宅して30分後くらいに、また電話がかかってきた。同じような問答を繰り返し、そして同じように嘘のIDを教え続ける。相手が管理ナンバーも聞いてきて、「そっちで来たか!」と、管理ナンバーも1ケタ嘘を教えました。払ったコンビニはどこかとか、お店の電話番号はなんだとか、聞かれた事に答えてると、相手が「すみませんが今からもう一度コンビニに行ってくれないか」みたいな事言ってきたんで、猛反発。「21時には寝なきゃいけないんですよ申し訳ないですけどそれは無理です」と言い返した。すると、相手が変わった。上司だと言ってたな。ひらがなIDを教えてくれと言われたんで、同じように嘘のIDを言い続けました。この辺で眠気が強くなってきて、「あなたの部下には過眠症だと伝えましたが、過眠症知らないと思いますけど、21時に寝ないと、明日ほぼ死にます」と言い切った。そしたら相手が「はい」って黙って、「では明日またご連絡しますので」と。「昼は難しい」と濁したら「夕方の方が確実ですね」と言って電話を切った。21時過ぎたから布団に入ったんだけど、テンション狂って眠れない上に、翌日3時半ごろに起きました。どう見積もっても薬が効かない。諦めて、「今日警察署に行こう」と決めて、会社に体調不良で休むと連絡した後に、警察署に電話しました。特殊詐欺に遭ったみたいなんですけど、今日そちらに行ってもいいですか?って言ったら「受付で相談しに来ましたと言ってください」と。真夜中だったのに丁寧に対応してくれて本当感謝です。そして会社ずる休みしてごめんなさい。結果的には薬が効かないから嘘ではないけど、ちょっと心が痛みました。

そして太陽が昇ってから、警察署に行きました。自転車で。受付で相談すると「刑事課に行ってください」と案内されました。受付の人が私を見て「30代、20代位の女性です」って言ってくれて「初めて(30代って)言われた・・・・!」と変な所で喜んでました。部屋の前に人がいて、この人が?とか思いながら部屋に入ろうとしたんだけど「大丈夫?」って聞かれた。しかも2回。何が??とか思いながら「大丈夫です」と答え、相談に乗ってもらいました。警察署に行く前に一連の流れをメモに書いて、それを読みながら説明したら、「それ(メモ)コピー取らせてね」と。汚い字ですみません。で、嘘のID教えたとかいろいろ言った後、刑事さんが「とりあえずビットキャッシュに連絡して、お金取り戻せるか確認するから、それまで受け付けで待っててくれる?」と言われたんで、受付で待ってました。半分寝ながら。多分1時間後位かな、刑事さんに呼ばれて、ビットキャッシュの人と電話で話してくれました。刑事さんによると、嘘のIDを教えたから、お金はコンビニで止まってると。「だからこれからそのコンビニに行って、お金を返してくれるよう話に行こう」ということに。別の刑事さんと一緒にコンビニに行って、「呼ぶまでちょっと待ってて」と言われ、店の外で待つこと数分。店の中に呼ばれて、返金してもらうことに。店長さんに「確認ですけど、お金払う時に詐欺ではないですかって言われませんでしたか?」と聞かれたけど、聞かれませんでした。若い人には聞かれないらしい。30万返してもらった後すぐにATMに突っ込む。さすがに30万を財布に突っ込んだままにする勇気は無い。刑事さんに「電話は着信拒否にして、それでも違う番号でかけてくるだろうから、「詐欺ですね、警察に電話しましたから」って言って電話切ればいいよ」と言われたんで、着信拒否に設定。それでも何で電話かかってくるんだろうね?そこが不思議・・・・。丁寧な対応してくださって刑事さん達ありがとうございました!
で、夕方。鳴りやまない電話に若干うんざりしながら出て、教わった通り言い捨てて、電話を切りました。しばらく電話なってたけど諦めたみたい。

めっちゃ長い上にあまりまとまってないから読みにくいと思うけど、以上が私の詐欺体験でした。
今考えると詐欺じゃね?って思う事ばっかりではあるけど、眠いと何も判断できないわ。
詐欺の人が「安全に移動してくださいね」って念を押してきたんで、ネット環境がある時は「今からコンビニ行きますね」って言った後車の急ブレーキ音とか轢かれる音を大音量で流して電話を切れば、多分二度と電話かかってこないと思う。ようつべにもあったから検索すれば多分出てくる。
刑事さんには「嘘のIDを教えたのは良かったね」って褒められたよ!!でも父に報告するとめっちゃ怒られたよ・・・・。そして定期預金を作れと催促してきたんで、翌日、時差出勤前に定期預金作ってきました。時間があればこの話もしたい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック